社会貢献 の今と昔を比較しよう

社会貢献 の今昔

社会貢献と言えば、ボランティアを思い浮かぶのではないでしょうか。しかし、他にも社会のためにと行われている活動はあります。では一体、いつ頃からこのような活動が始まったのでしょうか。
 
社会貢献

◇ 慈善と宗教

農耕の発達により文明が成熟してくると、社会格差が生まれました。そして、それを緩和するために「宗教」と「富の再分配」が誕生しました。ほとんどの地域では、この二つは一体化しています。仏教では「喜捨」、キリスト教では「チャリティー」、イスラム教では「ザカート」と呼ばれ、富の再分配は世界的に、宗教的な意味合いを持って行われてきました。

 

◇ 中世のチャリティー活動

イギリスでは産業革命以降、チャリティー活動は宗教的な色彩を薄め、産業界の成功者らに牽引されます。そして、17世紀末頃からは様々なチャリティー団体が出現し始め、「事前はイギリスの国民性」と言われるほどの盛り上がりをみせます。日本でも昭和22年、最初の大規模チャリティーが行われました。「赤い羽根募金」として知られている「第一回共同募金運動」です。現在の1,500億円相当にあたるお金が集められ、数十万人に及ぶ戦争孤児の育成金に当てられました。

 

◇ 近年のボランティア

最近では特に、日本においてはボランティア活動が活発です。その理由の一つに、日本人気質があると思われます。日本には昔から、町内会や自治会など、相互扶助の慣習がありました。ご近所だから。そんな理由で、みんなが自発的に助け合いました。そして、おそらく多くの方が、そうした助け合いに何の疑念も抱かなかったはずです。
ですから、さあ、ボランティア。
とは言いません。人にはそれぞれ、できることとできないことがあります。そもそも、ボランティアは自主的に行うものであって、人に強制されるものではありません。ただ、もっと優しい気持ちになりたい。そう思った時は、ボランティアに参加してみてはいかがでしょう。きっと笑顔に囲まれますから。あったかい心に触れ合えますから。誰かのためではなく、自分のため。それでも結果的に誰かの役に立っているなら、それでもいいと思いますよ。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 読書の今と昔を比較しよう

 
① 結婚式の今と昔を比較しよう
② 七五三の今と昔を比較しよう
③ 節分の今と昔を比較しよう
④ モノの名前の今と昔を比較しよう
⑤ お伽話の今と昔を比較しよう
⑥ 歴史の教科書の今と昔を比較しよう
⑦ 仕事の今と昔を比較しよう
⑧ お米の今と昔を比較しよう
⑨ 漢字の今と昔を比較しよう
⑩ 音楽の今と昔を比較しよう
⑪ 病気の今と昔を比較しよう
⑫ お花見の今と昔を比較しよう
⑬ お水の今と昔を比較しよう
⑭ 宿の今と昔を比較しよう
⑮ 写真の今と昔を比較しよう
⑯ アイスの今と昔を比較しよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」が、手に入る最寄りの場所を 検索 する

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくか お問合せ からご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」の 誕生秘話と感動のドラマ集 をご覧いただけます

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL