「 看取り 」について考える ~ 介護のささえ ~

「 看取り 」について考える

~ 介護のささえ ~
 
私事で恐縮ですが、平成29年9月12日、母が永眠しました。享年69歳でした。だからかもしれませんが、最近の私は「看取りとは何だろう」と、ふと考えこむことがあります。
 


もちろん、弊社が運営するサ高住「燦久」では、日頃より看取りについて議論しています。と同時に、近隣の医師による協力の下、看取りケアも実施しています。実際、今までに多くの方をお見送りさせて頂きました。しかし、そんな私たちですら、「どんな看取りが正解なのか」、その答えは導き出せないままでいます。
 
一言で「看取り」と言っても、そのケースは無数にあります。そして、どのケースも非常にデリケートで、その上、対応や判断は複雑です。また、介護の基本的な姿勢の一つに「自己決定の原則」がありますが、認知症などにより自分の意思が上手に伝えられない方も多く、そういうケースではほとんどがご家族や後見人に判断を委ねることとなります。要するに、自分の寿命を自分以外の人が判断するわけです。
このように、看取りは決して単純な話ではありません。ケースバイケースでの判断や対応が求められます。ですから、ひょっとすると「どんな看取りが正しいか」などという一般化できる正解は存在しないのかもしれません。あるいは、事前に家族同士で話し合って、どうすべきか決めておくことが唯一の正解なのかもしれません。
 
いずれにせよ、ほとんどの方は自分の死後について誰かと話したことはないでしょう。まだ早い。そう思うのも当然だと思います。しかし、死後について考える適齢期はいつだと思いますか。私の父は享年59歳、母は享年69歳と、両親ともに若くして他界しました。
 
死について語ることをタブー視する時代は終わりました。ご自身がご自身らしく人生のエンディングを迎えるために。そのために、終末期はどうするか、あるいは介護が必要になったらどうするか、家族と少し考えてみてはいかがですか。いえ、むしろそうした機会を設けるべきです。私は、母と死について話さなかったことに、とても後悔していますから。

 
- 取材協力 -
株式会社 想礼優(ソレイユ)
代表取締役 小林 匡善 氏
ホームページ:https://www5.hp-ez.com/hp/soleil-co/

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 介護業界から「虐待」を追放するには
 
① 介護保険の仕組み
② 水分補給で健康障害を予防しよう
③ 介護保険法改正で介護保険はこんなに変わる
④ 新介護保険制度を問う ~また介護保険制度が変わります~
⑤ 冬に気をつけたい脳卒中
⑥ 介護離職ゼロに向けて
⑦ 関心急増「お泊まりデイ」
⑧ いざ、という時に慌てないために、今から介護制度について学んでおこう
⑨ 介護保険サービス利用の際に、必要となる手続きと注意点
⑩ 介護認定を受けた後の、介護サービス利用の流れについて
⑪ 2025年問題、これからの介護が進むべき道は
⑫ 認知症社会へ向けた対策と理解
⑬ 介護保険の負担増!?今後の対策を考える。

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL