アイス の今と昔を比較しよう ~ 刹那な美と涼が、アイスを愛す理由 ~

アイス の今昔

暑くなるとどうしても食べたくなるアイス。今も昔と変わらず癒される食べ物として重宝されています。とはいえ、昔は今のように身近にアイスがあった訳ではありません。そこで今回は、そんなアイスの軌跡をたどってみました。
 
アイス

◇ 古代のアイスは健康食品

アイスの歴史は非常に古く、旧約聖書にはすでに登場します。当時のアイスは今のシャーベットのようなもので、主に戦士の疲れた体を元気にする健康食品でした。それをローマの英雄ジュリアス・シーザーが若者をアペニン山脈に走らせ、そこから氷や雪を運ばせて、乳や蜜、ワインなどを混ぜて飲み始めたことから嗜好品へと繋がったそうです。

 

◇ アイスの原型

16世紀中ごろ、フィレンツェの大富豪メディチ家から、フランス王家に嫁いだカトリーヌ。彼女が愛した故郷のデザート「ズコット」が、現代のアイスの原型になったと言われています。さらに、彼女の孫娘がイギリスのチャールズⅠ世の元に嫁ぎ、イギリスにもアイスの技法が伝播。その味は王家をあまりに驚かせたらしく、「アイスの製法は国家機密」という話がまことしやかに噂されたほどでした。

 

◇ 日本初のアイスは「あいすくりん」

日本初のアイスクリームは、明治2年、町田房蔵が横浜に開いた「氷水屋」で販売されたものだと言われています。「あいすくりん」という名称で、金額は現在の約8,000円だったそうです。それから約20年してもアイスは高級品のままで、東京銀座の資生堂で販売されると一躍人気メニューになるものの、庶民にとってはまだ高嶺の花でした。日本でアイスの工業生産がスタートするのは大正9年のことです。

 

◇ 刹那美の美味

アイスに賞味期限はありませんが、常温ではすぐに溶けてしまい、味わえる時間には限りがあります。ただ、日本人は桜や花火など、刹那美を愛する民族です。
舌涼みで、舌鼓。
この春夏は刹那な涼を求め、アイスを愛す人になりませんか。アイス愛を失くしかけていても大丈夫。アイス屋さんならきっと、その愛、救えますから。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 写真の今と昔を比較しよう

 
① 結婚式の今と昔を比較しよう
② 七五三の今と昔を比較しよう
③ 節分の今と昔を比較しよう
④ モノの名前の今と昔を比較しよう
⑤ お伽話の今と昔を比較しよう
⑥ 歴史の教科書の今と昔を比較しよう
⑦ 仕事の今と昔を比較しよう
⑧ お米の今と昔を比較しよう
⑨ 漢字の今と昔を比較しよう
⑩ 音楽の今と昔を比較しよう
⑪ 病気の今と昔を比較しよう
⑫ お花見の今と昔を比較しよう
⑬ お水の今と昔を比較しよう
⑭ 宿の今と昔を比較しよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL