老人ホームの種類は多い! 安心して長く暮らせる 施設の探し方 ~介護について考える~

老人ホームの種類は多い! 安心して長く暮らせる 施設の探し方

~介護について考える~
 
老人ホームを含む高齢者向け施設は種類が多く、費用面、提供するサービスなどが様々です。では、老人ホーム選びでは、何を大切にすればよいのでしょう。老人ホーム探しの専門機関・ハローケア信州の有吉さんに伺ってきました。
 
安心して長く暮らせる

◇ まずは学ぼう!多種多様な「老人ホーム」

特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・療養型医療施設・サービス付高齢者向住宅・住宅型有料老人ホーム・介護付有料老人ホーム・グループホーム。これらは全てサービスが違います。そして、お住まいは「安心して長く暮らせるか」が重要ですから、あらかじめ各施設の違いやそれぞれのサービスについて熟知しておくことが 重要です。ハローケア信州ではそうした勉強を一緒にさせていただいております。そして、その際は簡単なフローチャートなども用いて、わかりやすくご説明しております。お気軽にお問い合わせください。

 

◇ 次に確認「要介護度」

老人ホームは誰でも好きなところに入居できる訳ではありません。たいてい「入居条件」というものがあります。「年齢」や「医療依存度」、そして「要介護度」などです。要介護度とは、介護サービスの必要度を表すものです。介護認定を受ける前の段階が「自立」、介護予防支援の段階が「要支援1・要支援2」、介護が必要な段階が「要介護1から要介護5」です。そして、老人ホームを探す場合は、まずはこの要介護度を確認する必要があります。

 

◇ 最も重要「マッチング」

今お話しした通り、要介護度から施設を探すことは大切です。しかし、その方と施設との相性も非情に重要です。ですから、私たちが一番大事にしていることは、「ご入居される方の希望」と「施設が提供するサービスや必要な費用」との「マッチング」です。そのため、まずは入居予定の方やご家族にお話を伺うことから始めています。そして、ご希望の老人ホームが見つかるまで、何度でもご相談の上、ご紹介させていただいております。
 
ハローケア信州は老人ホーム探しの専門機関です。最良の施設をご提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

 
- 取材協力 -
ハローケア信州
グループリーダー
有吉 葵 氏
ホームページ:http://長野県老人ホーム紹介.com/

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 老人ホーム入居にあたっての「よくある相談」
次話 老人ホームのことなら無料で相談できる?!そのカラクリと利便性

 
① 老人ホーム選びは無料相談から始められます
② 介護施設を無料で紹介(ハローケア信州ってどんな会社?)
③ 認知症の早期発見をするポイント
④ 老人ホーム紹介業がなぜ必要なのか

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL