写真 の今と昔を比較しよう 〜「写真は魂を抜く」は、きっと本当 〜

写真 の今昔

 
携帯電話を始めデジカメなど気軽に持ち運べるようになったと同時に、写真撮影も容易にできるようになりました。しかし、昔は写真撮影が一般的ではありませんでした。では、どのような軌跡をたどってきたかご存知でしょうか。そこで今回は、写真の今と昔の在り方を探ってみました。
 
写真

◇ 世界初の写真

世界初の写真は、19世紀初頭にフランス人のニセフォール・ニエプスが撮影した「用意された食卓」(原版が現存する世界最古の写真は、同じく彼の「馬引く男」)です。一方、世界初のねつ造写真は、19世紀中頃、イポリット・バヤールが作りました。彼はルイ・ダゲールというライバルがフランス科学アカデミーに認められると、その背景にあった政治的力を懐疑。自分の溺死死体を装った自殺写真をねつ造し、「こうなったのはダゲールとアカデミーのせいだ!」と抗議します。
 

◇ 世界初の飲み会写真

今でこそ、飲み会を開けば必ず誰かが写真を撮りますが、昔はそんな発想などありませんでした。また、撮影時間が今と比べてとても長かったため(だから笑顔など維持できるわけもなく)、誰もが気難しい表情をしています。したがって、19世紀半ばに撮影された世界初の飲み会写真はとても画期的でした。写真家のデイヴィッド・オクタヴィアス・ヒルが仲間と楽しんでいるシーンなのですが、皆リラックスして笑顔を浮かべているのです。
 

◇ 写真は魂を抜く

昔の日本では「写真は魂を抜く」と恐れられていましたが、今では多くの人がそれを”迷信だ”と思っています。しかし、私はその意見には反対です。現代こそ、写真は魂を抜いています。というのも、今は「いただきます」の前に写真、危険だろうと写真、他人への迷惑を考えず写真。いつでもどこでも写真です。私には、写真に取り憑かれ、魂を抜かれているようにしか見えません。
 
確かに、美しい思い出は記録しておきたいものです。ただ、やはりマナーは守るべきです。撮影者が魂を抜かれては、魂のこもった写真など撮れません。写真を撮りたい。そんな衝動に駆られても、「いま撮るべきか」と立ち止まれる判断力は持ち続けたいものです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 宿の今と昔を比較しよう
次話 アイスの今と昔を比較しよう

 
① 結婚式の今と昔を比較しよう
② 七五三の今と昔を比較しよう
③ 節分の今と昔を比較しよう
④ モノの名前の今と昔を比較しよう
⑤ お伽話の今と昔を比較しよう
⑥ 歴史の教科書の今と昔を比較しよう
⑦ 仕事の今と昔を比較しよう
⑧ お米の今と昔を比較しよう
⑨ 漢字の今と昔を比較しよう
⑩ 音楽の今と昔を比較しよう
⑪ 病気の今と昔を比較しよう
⑫ お花見の今と昔を比較しよう
⑬ お水の今と昔を比較しよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL