保年金 の実態を知って、明るい終活 ~ お金のお話 ~

保年金 の実態を知って、明るい終活

~ お金のお話 ~
 
保年金

◇ 満額受給者は少ない

厚生労働省の発表によれば、年金支給額は「国民年金が平均月額で55,000円、厚生年金は147,000円」です。国民年金の制度上の支給額は月額65,000円ほどですから、いかに満額を受け取っている人が少ないかがわかります。一方、厚生年金については、厚生労働省では夫婦二人のモデルの想定支給額を公開しています。これは、40年間サラリーマンとして働いた夫と専業主婦の組み合わせ(厚生年金が支給される男性と、国民年金だけの女性という組み合わせ)が想定されており、その金額は「221,277円」。この金額は実際に支給されている額に近い数字です。

 

◇ 平均生活費

公益財団法人生命保険文化センターによれば、日本で生活するのに最低限必要となる金額は、月額220,000円、ゆとりある生活を過ごすにはさらに月134,000円が必要と言われています。つまり、趣味や娯楽を充実させた生活を送るためには、公的年金だけでは不十分というわけです。そこで「働く」という選択肢も出てくると思うのですが、気をつけたいのは「働くことで生じるリスク」です。ケガなどの万が一に備え、「就業保障」などについて知識を深めておくことをお勧めします。詳しくは保険会社および保険代理店にお訊ねください。

 

◇ 明るい終活

終活はその言葉の響きから、多くの方が「終わるための活動=死」をイメージしているようです。が、それは間違いです。終活は「セカンドライフを充実させるための活動」です。ですから、老後の生活について考えることは終活ですし、リタイア後にもう一度働き始めることも終活です。もちろん、葬儀や相続について考えることも終活です。しかし、生活する上でとても重要なのはお金です。したがって、年金について知ることは非常に重要な終活と言えますし、万が一の際の保障を考え、保険を見直すことも大切な終活です。
 
保険は未来を安心して生きるための財産です。老後の暮らしはもちろん、大切な家族に円滑に残すことにも役立ちます。終わるためではなく、次のステージを楽しむために。いかがでしょう。一緒にライフプラン(保険)を考え、終活に取り組んでみませんか。

 
- 記事 -
A and A 株式会社
嶋田 加代子 氏
ホームページ:http://www.aanda.tokyo

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 保険を見直し、正しい終活。~年金を知る~
次話 損をしない年金受給で、明るい終活
 
① 終活を始めて、お金と暮らしの計画を立てよう
② なぜ、エンディングノートは書いた方が良いのか
③ エンディングノートと財産管理
④ エンディングノートはこう使え!
⑤ エンディングノートは気軽に始めよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL