お水 の今と昔を比較しよう ~ 水道の始まりと飲料水のこれから ~

お水 の今昔

 
現在では、比較的安易に手に入る水。しかし、現在の状況に至るまで、どのような経緯をたどってきたのかご存じでしょうか。人体だけではなく、あらゆる生命にとって必要不可欠な水。過去から学び、これからの水の在り方を考えるきっかけとなれば幸いです。

お水
 

◇「どこ」が重要だった時代

水の確保が生命に関わるということは、古代から人は理解していました。しかし、当時は科学文明が発達していなかったため、「水をどう手に入れるか」ではなく「水がどこにあるか」が重要でした。国家を生んだ世界四大文明(エジプト文明・メソポタミア文明・インダス文明・黄河文明)が、全て大河流域に発生したのはそのためです。
 

◇「どうやって」が重要になった時代

それから時は流れ、戦国時代後期になると、水道管を使用したものがいくつか作られ始めます。日本最古の水道と言われているのは、北条氏康によって小田原城城下町に建設された小田原早川上水です。16世紀半ばの話ですから、今から500年ほど昔の話です。しかし、日本全国に上水道網が完成したのは意外と最近で、およそ1970年代中頃です。それまではコレラが大発生したりして、「どうやって水を確保するか」は非常に大きな問題でした。
 

◇「ひねるもの」は何?

国土交通省によると、水道の水をそのまま飲める国は非常に少なく、わずか15カ国としています。当然その中に日本は含まれているのですが、最近になって状況は少しずつ変わっています。内閣府の世論調査では「水道水をそのまま飲む人」は37.5%に対し、それ以外の人はミネラルウォーターを購入したり水道水を一度沸騰させたりしていて、水道水をそのまま飲まない人は6割以上に上ります。今の日本は、「どんな水を手に入れるか」が最重要課題なのです。世界銀行の元副総裁・イスマル・セラゲルディン氏は「20世紀は石油紛争の時代だったが、21世紀は水紛争の時代になる」と予測しています。
 
我々の先祖は、蛇口をひねれば飲み水が出る国を作り上げました。今度は私たちの世代が、知恵をひねって水資源の課題をクリアするべきなのではないでしょうか。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 お花見の今と昔を比較しよう
次話 宿の今と昔を比較しよう

 
① 結婚式の今と昔を比較しよう
② 七五三の今と昔を比較しよう
③ 節分の今と昔を比較しよう
④ モノの名前の今と昔を比較しよう
⑤ お伽話の今と昔を比較しよう
⑥ 歴史の教科書の今と昔を比較しよう
⑦ 仕事の今と昔を比較しよう
⑧ お米の今と昔を比較しよう
⑨ 漢字の今と昔を比較しよう
⑩ 音楽の今と昔を比較しよう
⑪ 病気の今と昔を比較しよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL