エンディングノートと財産 、そして介護 〜エンディングノートはこう使え!〜

エンディングノートと財産 ・介護の関係

〜エンディングノートはこう使え!〜
 
エンディングノートと財産 ・介護の関係はとても密接です。エンディングノートを書くのは、争続を防ぎ、残された家族を守るためでもありますが、実は何より自分のために書くものなのです。自分の積み上げた財産はこうしてほしい。介護はこうしてほしい。そんな要望を書き残すものなのです……口頭では、人は忘れてしまうから。
 
エンディングノートと財産

◇ 口で伝わるのは、全体の7%

万が一介護が必要となった場合どうするか。ご家族に自分の考えを書き残すには、エンディングノートが最適です。口で想いを伝えることも重要ですが、スピーチの力は自分が思っているほど強くありません。
メラビアンの法則をご存知でしょうか。自分の行動が他人にどのように影響を及ぼすか、というものですが、聴覚情報(口調などの話し方)が38%、視覚情報(見た目)が55%を占める一方、言語情報(話し言葉)はたった7%という割合です。実は、口で伝わるのは全体のたった7%なのです。

 

◇ エンディングノートの重要性

ですから、大切なことは必ず書き残しておきましょう。文字にすることで、あなたの想いは必ず正確に伝わりますし、自分の考えを文章化することで、「あれ、私はこんな風に思っていたんだ」など、素直な自分も発見できます。特に、介護については文章化することがとても重要です。介護は誰かのお世話になることです。本当は自分が何を望んでいるのか。ぜひ素直に書きましょう。

 

◇ 財産と介護とエンディングノート

多くの方が「家族に負担をかけたくない」と、そう思われていることでしょう。しかし、介護には経済的負担も伴います。ですから、どれほどの財産が自分にあるのかを把握することは、介護が必要になった際どうしても重要になってきます。
 
前回のコンパスにて、「貯金・金庫・有価証券」、そして「不動産」や「保険」などについて記載しました。どの程度の財産が自分にあって、どんな介護が現実的に望めるのか。前号コンパスを参考に、ぜひエンディングノートを使って将来を描いてみてください。

 
- 記事 -
A and A 株式会社
嶋田 加代子 氏
ホームページ:http://www.aanda.tokyo

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 エンディングノートと財産管理
次話 エンディングノートは気軽に始めよう
 
① 終活を始めて、お金と暮らしの計画を立てよう
② なぜ、エンディングノートは書いた方が良いのか

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL