お花見 の今と昔を比較しよう ~ お花見は桜だけではない?! ~

お花見 の今昔

 
お花見 と言えば「桜」……ですよね。でも、昔の花見は「桜」ではなかったことをご存知でしたか?というわけで、 お花見の今昔 。今と昔を比較します。
 
お花見

◇ 奈良時代の お花見 は「桜」ではなかった

春の匂いが漂い始めると、日本人は「桜の開花」が気になりだします。しかし、日本人は昔からお花見に桜を選んできた訳ではありません。少なくとも、奈良時代でお花見といえば「梅」でした。それが、遣唐使が廃止された頃からあらゆる日本の文化が見直され、その頃から、日本人は大陸から持ち込まれた「梅」よりも、古来より日本に生えていた「桜」を好むようになったと言われています。
 

◇ 安土桃山時代の花見は宴会型になった

お花見が宴会型になったのは、豊臣秀吉の時代の「吉野の花見」からと言われています。この花見では5000人が召還され、連日、茶会や歌の会、能の会が開かれたそうです。そして、その4年後の「醍醐の花見」から、甘味が食べられるようになり、全国から名産品や甘物が集められるようになったそうです。ちなみに、花見団子と言えば、桜色、白、緑です。桜色は春の桜、白は冬の雪、緑は夏のよもぎを示唆し、「秋」がないから「飽きがこない」と言われています。
 

◇ 今年の花見は、桜より

桜が咲くから春なのか。春だから桜は咲くのか。どちらが正しいかは分かりません。しかし、春に限らず人はいつも咲いています。今日も誰かは、きっと誰かの人生で咲いています。春だから、花見て一杯。それも趣ある話です。しかし、今年はちょっと趣向を変えてみませんか。誰かの人生に咲く、誰かを見て乾杯。と、ひたすら人の良い部分、美しい部分、そして華の部分を見つけて愛でてみませんか。
花見て、人魅て、満たされて。
短いけれど、何度でもやってくる春を今年も楽しみましょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 病気の今と昔を比較しよう
次話 お水の今と昔を比較してみよう

 
① 七五三の今と昔を比較しよう
② モノの名前の今と昔を比較しよう
③ お伽話の今と昔を比較しよう
④ 歴史の教科書の今と昔を比較しよう
⑤ 仕事の今と昔を比較しよう
⑥ お米の今と昔を比較しよう
⑦ 漢字の今と昔を比較しよう
⑧ 音楽の今と昔を比較しよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL