冬物衣類 の保管方法 〜次の冬に後悔しないために〜

冬物衣類 の保管方法

〜後悔しないための、冬物衣類の正しい保管方法〜

虫食い
 

◇【実体験】虫に喰われた時、感じたこと

この冬の、衣替えの時です。衣装ケースにしまっていたセーターを取り出すと、虫に喰われて穴が空いていました。原因はすぐにわかりました。「そんなに高いものじゃないから、いいか」と、クリーニングにも出さず衣装ケースにしまってしまったのです。
本当に悲しくなりました。そこで今回は、後悔しないための「冬物衣類の保管方法」3つの基本を紹介します。
 

◇ 1. 洗う

虫が好きな素材はウール、次いでシルク、木綿です。反対に、ポリエステルなどの化学繊維は、基本的に好物ではありません。しかし、虫は皮脂や汗も大好物です。衣服に汚れが付着していると、繊維の質に関わらず一緒に噛みちぎってしまいます。ですから、冬物衣類を保管する時は必ず洗濯を済ませましょう。セーターなど水で洗えないものは、必ずドライクリーニングに出しましょう。
 

◇ 2. 袋から取り出す

一般的に、クリーニング店から戻ってきた衣服はビニール袋に包まれています。しかし、保管の際は袋から取り出して収納してください。(ビニール梱包している理由は、自宅まで運搬中、衣類をキズやホコリから守るためです)また、ハンガーは衣類によって外しましょう。セーターなどは肩が伸びたり、跡がついたりすることもあります。
巴屋クリーニングでは衣類によってハンガーを使い分けていますが、セーターやニットはたたみ仕上げをお勧めしています。当社では50円増しですが、是非ご利用ください。
 

◇ 3. 防虫剤は必須

防虫剤はゆっくりガス化して、虫から衣類を守ります。ただ、ガスは空気より重いので、防虫剤は衣類の上に置きましょう。また、湿気は下に行くほど多くなります。カシミアなどデリケートな衣類は上段に、虫に弱いウールや湿気に弱いポリエステルなどの化学繊維は中段に、綿や麻など洗濯しやすい衣類は下段に保管しましょう。
 
どんな服でも、穴があいていると本当に悲しくなります。是非正しく保管して、来シーズンもお洒落を楽しんでください。

 
- 記事 -
クリーニングの巴屋
http://www.tomoeya-cleaning.com
松本工場副工場長
平澤 哲哉

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 ダウンジャケットのお手入れ方法
次話 溶かす天才「水」
 
① 冬服保管4つの鉄則〜洗濯で、春支度~
② クリーニング業界のウラ話①
③ ウェット・クリーニングは、夏の洗濯の大本命
④ 本当にあの洗剤でキレイになるのか ~商品テスト~

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL