【特集】コラボの春 ~ テンホウ × 長野県内企業 ~

◇ コラボ着目のきっかけは?

最初のコラボは、「きのこラーメン」でした。長野県が誇る企業「きのこのホクト」さんとのコラボです。初めての試みだったので少し不安でしたが、フタを開けてみると大盛況。初コラボ商品はお客さんにとても喜ばれました。そして、そのときハッと気付いたんです。今までは自分たちのサービスで喜んでもらおうと考えていましたが、そうではなく、こういった「コラボ」というもてなし方もあるんだな、と。

hichimi
 

◇ コラボ企画で、会社の考え方が変わった?

変わった、というより、気付きました。今は競争の時代じゃない、共同の時代だ、と。それに、モノの提供に縛られていてはいけない、とも感じました。私たちはラーメンやぎょうざを提供したいのではありません。ラーメンやぎょうざで「おいしい時間・たのしい体験」を提供して、たくさんの人を驚かせたいんです。

 

◇ 驚くといえば、餃子味のポテチです

ありがとうございます(笑)。おかげさまで、3世代から人気を集めいています。「孫にあげたい」「酒のつまみに最適」「”やみつき“とはこういうこと」など、様々な声が届いています。

potechi

でも、もともとは従業員を喜ばせたいという気持ちが大きかった企画なんです。「えっ ウチのぎょうざがポテチになってる!」。従業員が驚いてくれたら嬉しいな、と。ただ、ここまで人気が出てしまい、ひょっとすると、結果的に一番驚いているのは私かもしれません。

 

◇ 過去にはどんなコラボ商品がありますか

ホクトさんとの「きのこラーメン」に始まり、八幡屋磯五郎さんとの「ラーメン七味」、内堀醸造さんとの「餃子専用のお酢」、県内のサークルKサンクスさんとの「タンタンメン」、タカチホさんとの「餃子味ポテトチップス」。そして、宮坂醸造さんとの「酒粕香る味噌野菜ラーメン」です。
 
gyouzasu

 

◇ コラボのお相手は、長野県の企業ばかりです

私たちは長野県のご当地チェーンです。ですから、一番の喜びは県民に喜んでもらうことです。「信州にはこんないいものがあるんだ」「やっぱり長野県だね」と、県民が長野を誇ってくれることが最大の喜びですし、その誇りの一部になることが私たちの最大の目標です。そのため、どうしてもコラボの相手は長野県内の企業になってしまいます。目的が「長野県を盛り上げたい」なので。

 

◇ 最後に、次はどんな企画をお考えですか

現在、明治 年創業の松尾商店さんと「野沢菜ぎょうざ」を開発中です。松尾商店さんは無添加にこだわっている諏訪の老舗漬物店です。製品化にはまだ若干の課題が残っていますが、近日中にはお届けできると思います。是非ご期待ください!

 
- 記事 -
株式会社 テンホウ・フーズ
代表取締役社長
大石 壯太郎 氏

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
コラボの春vol01 ~イオジャパン×身近な企業~
コラボの春vol02 ~マルコメ×モーニング娘。’17~

 
前話 【特集】これからの健康〜相澤病院相澤理事長へのインタビュー〜
次話 【特集】水と信州~素晴らしきかな、水~

 
① 【特集01】泉質辞典~信州の温泉へ行こう①~
  【特集02】泉質辞典~信州の温泉へ行こう②~
  【特集03】泉質辞典~信州の温泉へ行こう③~
② 【特集】山の日なぜ【8月11日が祝日になった訳】さあ、山の日
③ 【特集】春のお庭に出かけよう~中信地区の庭園を訪ねて~
④ 【特集】発酵、健康 。~健康な菌未来を目指して~
⑤ 【特集】和菓子 、爛漫~信州に咲き誇る春の和菓子~
⑥ 【特集】いざ、山の日。~「山の日」に込めた願い~
⑦ 【特集】音楽の秋~音楽をいつまでも~

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL