財産 について書く 〜エンディングノートとはvol.02〜

財産 について書く

〜エンディングノートとはvol.02〜
 
【エンディングノートの書き方(財産編)】

前号ではエンディングノートの書き方として、「書き方の基本」などを解説させていただきました。今回はその続きで、「財産」に関するお話です。

財産 編(エンディングノートの書き方)
 

◇ 1. 財産について書く理由

エンディングノートに「財産」について書く理由は、財産状況を把握するきっかけとなるからです。自分にはどれだけの資産がどこにあるのか。多くの方は把握しているようで把握していません。そこで、まずは財産を種類ごとに分け、「財産状況を把握するために」一つ一つ思い返してみましょう。
 

◇ 2. 貯金・金庫・有価証券

どんな口座を持っているのか。貸金庫やタンス預金はあるのかないのか。有価証券をお持ちなら、どの証券会社なのか。遺族にわかりやすくしておくことも大切ですが、自分の記憶の整理にも役立ちます。漏れを防ぐためにも、思い出したら都度、書き残しても良いかもしれません。
 

◇ 3. 不動産

信州では、資産が不動産になっているケースが多々あります。「種類(土地・借地・家屋)」「用途(自宅・別荘・事業用地・農地など)」、それに「所在地と名義人」を書き出すことで、いったん不動産を整理してみましょう。不動産はあなたの今後の人生を考えた時、違ったカタチに変えた方が有効的なこともあります。まずはエンディングノートを活用して、しっかりと把握してみましょう。
 

◇ 4. 保険

加入しているのか、エンディングノートを使ってリストアップをしてみましょう。実は、エンディングノートは家族のためだけでなく、自分のためにも書くものです。終わりのためだけなく、これからの自分のために。自分をねぎらい、勇気づけるために。これからの生活のために、是非エンディングノートを上手に活用しましょう。

 
- 記事 -
A and A 株式会社
嶋田 加代子 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
前話 エンディングノートとは
次話 エンディングノートと財産・介護の関係

 

 
※新連載小説「幸せのコンパス」はじまりました。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子となぜ不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」の新連載小説「幸せのコンパス」の第一話。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所はこちら
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくか、お問合せからご連絡ください

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方はこちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL