エンディングノートとは (なぜ書いた方がいいの?)

エンディングノートとは

〜 エンディングノートとは 。なぜ、エンディングノートは書いた方が良いのか〜
 
エンディングノートがここまで注目を浴びるのには理由があります。そして、それはもちろんお金の話にもつながります。
そこで今回から三回連続で、エンディングノートについて解説します。
 
エンディングノートとは

◇ エンディングノートの選び方

エンディングノートは法的拘束力を持たないので、特に選び方はありません。
ただ、今回は便宜上、(一社)終活カウンセラー協会が制作した「マイ・ウェイ」(「私について」「身体について」「財産について」「葬儀やお墓について」「大切なあなたへ」の5章で構成)を基に話を進めていきます。

 

◇ 書き方の基本

エンディングノートの基本は、とにかく「気軽に取り組む」ことです。一度書いたら書き直せないものではありません。むしろ、何度でも書き直せることこそ、エンディングノートの良い所です。
書く際はいつでも書き直せるように鉛筆で書きましょう。

 

◇ 第一章 「私について」を書く理由

終活とは人生の棚卸しですから、この章は非常に大切です。
少年期・青年期など年代ごとに分け、その頃お世話になった人や思い出、音楽などを振り返りましょう。
出来事と人を思い返すことで「これから何をすべきか」が見えてくるはずです。

 

◇ 第二章 「身体について」を書く理由

自分が話せない状態になった時のことを考えれば、病歴や持病は記載しておくべきです。
また、「介護が必要となった際、どこで面倒をみてほしいか」や「延命治療についての考え方」など、元気な今だからこそ言葉にして残しておくべきこともあります。この章は素直に書き進めましょう。

 
- 記事 -
A and A 株式会社
嶋田 加代子 氏
ホームページ:http://www.aanda.tokyo

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 終活を始めて、お金と暮らしの計画を立てよう
次話 エンディングノートと財産管理

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL