コレステロール と食事は無関係【お肉は健康食】

コレステロール と食事は無関係

コレステロール が心配で、お肉はちょっと……。そんな方に朗報です。最近の研究では「コレステロールと食事は無関係」という説が有力で、さらに厚生労働省はコレステロールの摂取量基準を撤廃。そればかりか「高齢者にコレステロールを含む食べ物の摂取量を制限すると、低栄養を生じる可能性があり注意が必要」と警鐘を鳴らしています。


 

◇ 食事コレステロールは、もう気にしなくていい?

心筋梗塞などのリスクを高める原因として、長年悪者扱いされてきたコレステロール。しかし、昨年から先進国の間では、コレステロールの摂取基準を撤廃する動きが出ています。日本でも同様に、厚生労働省は昨年、食事摂取基準でコレステロールの摂取量基準を撤廃しました。事実上、食事で体内のコレステロール値が大きく変わらないことを容認しています。

コレステロール と食事は無関係

そればかりではありません。今までは、摂取制限が推奨されていましたが、「日本人の食事摂取基準」検討委の報告書には、「高齢者にコレステロールを含む食べ物の摂取量を制限すると、低栄養を生じる可能性があり注意が必要」として、むしろ摂取を推奨しています。

 

◇ 脂肪の少ないヒレ

とはいえ、多量摂取はカロリー過多になります。そこで提案したいのが、当店の「ジャッキーステーキ(ヒレ)」。美味しい健康を多くの方に味わっていただきたいので、首都圏の価格より1,200円(45%)前後安くご提供しています。

ジャッキーステーキ(ヒレ)

提供方法も変わっています。一般的には、厚めのヒレ肉はオーブンでゆっくり火を通すのですが、この「ジャッキーステーキ(ヒレ)」は違います。まず、ヒレ肉のジューシーさを最大限引き出すため、適度な厚さに開き切り、厚さ20ミリの業務用鉄板で、300度近い熱で片面だけ一気に火を通します。そしてもう片面は、お客様の前で、熱い鉄製皿の程よい余熱で焼きあげます。そのため、焼き上がりは全くぱさつかず、とてもジューシー。ひと噛みすれば肉汁が口の中に広がり、岩塩と胡椒、練りわさびや自家製ソースで、未だかつてないヒレ肉の味と食感が楽しめます。
 
お肉は良質なたんぱく源であり、幸せの象徴的な食べ物です。ぜひ美味しい健康を、当店で味わってください。

 
- 取材協力 -
俺のステーキ ジョー
http://www.steakjoe.co.jp/shop.html
料理長 長谷川 貴史 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 
※新連載小説「幸せのコンパス」はじまりました。
http://web-compass.net/2017/07/01/連載小説【第1話】幸せのコンパス/
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子となぜ不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」の新連載小説「幸せのコンパス」の第一話。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所はこちら
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくか、お問合せからご連絡ください

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方はこちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL