介護離職ゼロ に向けて ~ 介護のささえ ~

介護離職ゼロ に向けて

~ 介護のささえ ~
 
一億総活躍社会の実現に向けた「新・三本の矢」の一つ、「介護離職ゼロ」。今回は介護施設を運営する小林さんに、その実態を伺ってきました。
 
介護離職ゼロ


Q:介護離職ゼロとはどういう意味でしょう?
A:介護職員の離職率をゼロにする、ということではありません。介護を理由に離職する人をゼロにする、ということです。
 
Q:介護職員の不足こそ大きな問題と思っていました。
A:もちろん、介護職員の不足は深刻です。介護離職者は毎年10万人ですが、介護職員の不足は、2025年には38万人にも上ると試算されています。
 
Q:では、まずは介護職員の人手不足を解消すべき、と。
A:それについては何ともいません。実際、介護殺人は起きていますから、介護離職率を下げることは急務でしょう。それに「介護離職者を減らし、介護殺人減少に貢献する」は弊社の経営理念でもあります。
 
Q:実際御社で取り組まれていることを教えて下さい。
A:定員は3人ですが、「宿泊サービス付き通所介護」を実施しています。
いわゆる、デイサービスの事業所に宿泊する「お泊りデイ」です。介護保険は適用外ですが、「仕事のある平日だけお願いしたい」「土日は介護から解放されてリフレッシュしたい」「特養の空きがでるまで週に数日、定期的に泊りたい」など、様々な方が色々な理由で活用されています。
 
Q:お泊りデイ。あまり聞かないですね。
A:今年の四月に、お泊りデイはガイドラインが示され、「一人当たりの宿泊面積」「スプリンクラーの設置義務」等が盛り込まれました。弊社は東京都で独自に示したガイドラインを参考に設計したので、基準は満たせました。しかし、基準から外れてしまった事業所は、お泊りデイをやめざるをえなくなりました。また、広告規制もあるので、知らない人は多いです。実は、お泊りデイは介護保険適用外でも、一泊1,000円前後から利用できます。
 
政府は特養を15万床増やすとしていますが、実現には相当な時間が必要です。決して一人で悩まず、お泊りデイを含む様々なサービスを知って、活用してほしいと思います。

 
- 取材協力 -
株式会社 想礼優(ソレイユ)
代表取締役 小林 匡善 氏
ホームページ:https://www5.hp-ez.com/hp/soleil-co/

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 冬に気をつけたい脳卒中
次話 関心急増「お泊まりデイ」
 
① 介護保険の仕組み
② 水分補給で健康障害を予防しよう
③ 介護保険法改正で介護保険はこんなに変わる
④ 新介護保険制度を問う ~また介護保険制度が変わります~

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
■定期配本のお知らせ
コンパスは発刊が 3月 / 6月 / 9月 / 12月の末日、季刊誌です。上記にて無料で配布しております。しかし、場所によっては入手しづらいこともあり、コンパスは多数の読者様のご要望にお応えし、定期配本を始めました。配送料 2,000円/年 にて4回お届けします。
 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL