歴史の教科書 の今と昔を比較しよう ~ 歴史は不変ではない?解釈の違いにより変わりゆく教科書 ~

歴史の教科書 の今昔

 
誰もが習う歴史の授業。しかし、実は教科書の内容が変わってきています。一度、子供や孫の教科書を見てみるのも楽しいかもしれません。「えっ?」と思う事がありましたら、ぜひご一報を(笑)
 
教科書

一、いい国つくろう鎌倉幕府

誰もが知っているこの語呂合わせ。しかし今、ほとんどの教科書に「1192年、鎌倉幕府成立」との記述はありません。「1185年」です。(1185年は源頼朝が全国へ守護・地頭の設置を朝廷に認めさせた年)
 

二、消えつつある「聖徳太子」

小・中学校の教科書には、「聖徳太子」の記述はまだあります。しかし、高校の教科書からは消えつつあり、「厩戸王(うまやどおう)」との表記が目立ち始めています。
そればかりか、とある教科書では「聖徳太子は実在したか」と題したコラムさえ掲載されています。
理由は、「聖徳太子」は後世の人がつけた尊称で、存命中の呼称ではないから、とのことです。
 

三、日本最大の古墳は?

墓域面積が世界最大で、日本最大の前方後円墳と言えば「仁徳天皇陵」でしたが、今の教科書ではそう表記されていません。学術的な検証が充分にされていないとのことから、表記は「大仙古墳」です。(宮内庁は「仁徳天皇陵」としています)
 

四、士農工商とは

実証的研究から、「士農工商」という身分制度や上下関係は存在しないことが判明し、現在では「士農工商」という単語は教科書から消えています。
昔は「農民は武士の次に身分が高い」と習ったものですが、それも誤りのようです。
 

六、五箇条の誓文

おや?と思った方はどれ程いるでしょう。はい。「五」を省略し、「四」の次を「六」としました。
それはさておき、「五箇条の御誓文」は、最近の教科書では「五箇条の誓文」と「御」が省略されています。「御触書」も「触書」です。
 
教科書は変わります。そして、私達は子供の生きる教科書です。過去にとらわれず、変わるべき時に変われる勇気を常に持ち続けたいものです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 お伽話の今と昔を比較しよう
次話 仕事の今と昔を比較しよう

 
① 結婚式の今と昔を比較しよう
② 七五三の今と昔を比較しよう
③ 節分の今と昔を比較しよう
④ モノの名前の今と昔を比較しよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL