介護保険利用の流れ 〜いざという時のために知っておくべきこと

介護保険利用の流れ

介護保険利用の流れ をご存知ですか。介護は突然やって来ます。自分の家族が寝たきりや認知症になってしまった場合、どこに相談し、どういう手続きをとれば良いのか。いざその時になっても慌てないよう、介護施設管理者の大久保さんに介護の相談をしてきましたーー。
介護保険利用の流れ

◇ 家族に介護が必要となった場合、まず何をするべきですか。

まずは地域包括支援センターに電話をして相談してみてください。地域包括支援センターの電話番号がわからなければ、市役所の介護保険課などで聞けば教えてくれます。

 

◇ 要介護認定は、申請からどれくらいかかりますか。

平均30日程度はかかると思います。

 

◇ 要支援・要介護の認定を受けました。すぐに介護サービスを利用できますか。

介護サービスを利用するには、まずケアプランの作成が必要になります。

要支援1・2の方は「地域包括支援センター」へ

要介護1~5の方は、
①在宅介護希望の場合は「居宅介護支援事業者」へ
②施設入居希望の場合は「入所施設」へ

連絡の上、必要な介護サービスを盛り込んだケアプランを作成してもらいます。

 

◇ ケアプランとは何ですか。

ケアプランとは、本人や家族の希望に沿った介護サービスを適切に利用できるよう、本人や家族の心身の状況や生活環境などに配慮し、どのような介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを決める計画のことです。

ケアプランに基づき、介護サービス事業者と契約を結び、サービスを利用します。

 
前話 介護保険サービスを知る

 
ー 取材協力 ー
NPO法人 介護福祉センター・アイ
http://anjunosato-norikura.com/index.html
理事長 大久保 泰誉 氏

 

 

------ 定期購読のお知らせ ------
配送料2,000円にて、4回(1年間)お届けします。
ご希望の方は、お問合せよりご連絡ください。
※バックナンバーは、全号完売となっています。
----------------------

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方はこちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL