お伽話 の今と昔を比較しよう ~ 桃太郎と鬼、善と悪が入れ変わる日はそう遠くない!? ~

お伽話 の今昔

 
いま、お伽話に異変が起きていることをご存知ですか?私たちが子供時代に聞いたお伽話は、いまの子供に通用しないんです。例えば「桃太郎」。今の「桃太郎」には家来が一人もいないんですよ!
 
お伽話 の今昔

◇ 桃太郎といえば

「桃太郎」といえば、大方こんな話を思い出すのではないでしょうか。
桃から生まれた桃太郎。鬼退治に出かけようと旅に出る。道中、イヌ、サル、キジに出会い、お婆さんからもらったキビ団子をあげて家来にする。鬼ヶ島で鬼退治に成功すると、鬼たちが奪った金品財宝を持ち帰り、お爺さんお婆さんと、いつまでも幸せに暮らしたとさ。
いかがでしょう。細部は違っても、たいていこんな感じかと思います。しかし今、この物語に異変が起きているのです。
 

◇ これが今の「桃太郎」

実は、今の「桃太郎」に家来は一人も登場しません。いえ、イヌ、サル、キジは登場します。しかし、あくまで対等な「仲間」として登場します。決して「家来」ではありません。
きび団子も登場します。が、イヌ、サル、キジは、きび団子につられたわけではなく、自発的に鬼退治に参加します。鬼ヶ島までは、イヌとサルと桃太郎が交代で舟をこぎます。超過勤務を避けるためです。そして、鬼が奪った宝物も持ち帰りません。横領罪に問われるからです。ちゃんと全部を持ち主に返還します。
 

◇ 世相が反映されるおとぎ話

最近の世の中はどうなっとるんだ!そんな声が聞こえてきそうです。が、少し待ってください。実は、おとぎ話は時折変わっているのです。
「桃太郎」もその一つ。江戸時代に一般的だった桃太郎は、何と桃から生まれません。桃を食べて若返ったお爺さんとお婆さんとの間に、普通に生まれます。それが明治初期、子供への配慮の結果、桃から生まれるようになりました。
桃太郎に限りません。全ては時代に合わせて変化します。だから、今が「善」であるものも、いずれ「悪」になるかもしれません。ひょっとすると、芥川龍之介・著「桃太郎」のように、桃太郎が悪、鬼が善、という話が主流となる時代が来るかもしれません……くわばらくわばら。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
芥川龍之介 桃太郎 – 青空文庫

 
タイトルをクリックすると、関連記事をお楽しみいただけます>
前話 モノの名前の今と昔を比較しよう
次話 歴史の教科書の今と昔を比較しよう

 
① 結婚式の今と昔を比較しよう
② 七五三の今と昔を比較しよう
③ 節分の今と昔を比較しよう

 

 
※連載小説「幸せのコンパス」絶賛公開中。第1話は、こちらから
日向穂志が持つコンパスは、北ではなく、幸せが潜む方角を教えてくれる謎のコンパス。彼はどこでそのコンパスを手に入れたのか。そして、なぜ妻・月子と不仲なのか。フリーペーパー「コンパス」で大人気の連載小説「幸せのコンパス」をお楽しみください。

 
■ フリーペーパー「コンパス」設置場所の検索は、こちらをクリック

 
定期配本のお申し込みは、コンパス編集部 0263-87-1798 までお電話いただくかお問合せからご連絡ください。

 

骨壺

「土に還る骨壺」気になる方は、こちらをクリック

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL